クレジットカードに付いているキャッシング機能とは

キャッシングとは字義通り捉えると現金化ということですので、キャッシュカードやクレジットカードでATMなどから現金を引き出すことが本来の意味になります。ただ、キャッシングとだけ言う場合、クレジットカードに付いているキャッシング機能のことを指すのが一般的です。申し込みの段階でキャッシング枠を0円にしていない限り、クレジットカードには最初からキャッシング機能が付いており、コンビニのATMなどで好きな時に現金を引き出せます。とはいえ、借金には変わりないですので使い過ぎには注意してください。


詳しくはクレジットカードのキャッシング枠(限度額)についてをご覧ください

1.キャッシングの仕組みと注意点
キャッシングの仕組みについて詳しく見てみましょう。クレジットカードにはショッピング枠、そしてキャッシング枠があります。どちらもそれぞれに上限金額が決まっており、キャッシングができるのはキャッシング枠の範囲内です。たとえばキャッシング枠の上限が10万円ならば、月に10万円までなら何度でも利用できます。ただし、クレジットカードには利用限度額があり、一般的にはショッピング枠にキャッシング枠が含まれます。つまり、ショッピングについては利用限度額いっぱいまで使えますが、キャッシングにはその範囲内でさらに枠が設定されるという具合です。たとえば、ショッピング枠が40万円でキャッシング枠が10万円であれば、ショッピングに使用したのが30万円までならキャッシングは10万円まるまる利用できます。しかしそれ以上のとき、たとえばショッピング枠を35万円利用した場合は、キャッシングには残りの5万円までしか利用できません。また、ショッピングに限度額の40万円使ってしまった場合、もうその月はキャッシングを利用できないということになります。これを理解していないと、「キャッシングは10万円まで利用できるはずなのに、いざという時に引き出せなかった」という事態も考えられるので注意してください。


詳しくはクレジットカードのキャッシング枠でお金借りるをご覧ください

2.短期間で少額の利用がおすすめ
クレジットカードのキャッシングの金利は高いです。だいたい年利18%というところが一般的ですから、たとえば5万円借りて1年間返済しないと金利は9000円になります。1年で9000円ならたいしたことないように見えるかもしれませんが、1週間で返済すると金利手数料はたったの172円です。借りる期間が長くなるほど余計に支払わなければならない金額が増えるので、キャッシングを利用する時はなるべく短期間で返済できる金額だけ利用するようにしましょう。また、借りる金額が大きいほど利息も高くなってしまうので、必要以上の大金は借りないことをおすすめします。



詳しくはキャッシングリボ(国内)の設定・増枠のお申し込みをご覧ください