クレジットカードのショッピング機能とキャッシング機能の違い

クレジットカードのキャッシング機能とは、カードローンと同じようにクレジットカードによって現金を借入できる機能のことです。クレジットカードには買い物の際に使用できるショッピング機能が有名ですが、それとは別の取り扱いでキャッシング機能があります。

1.一般的なクレジットカードのイメージ
多くの人がイメージするクレジットカードの使い方とは、店舗やネットなどで商品やサービスを購入する際、クレジットカードを提示することで、その場で現金を支払わなくても決済できる方法でしょう。もちろんお金を払わなくてよいわけではなく、決済金額はクレジットカード会社が一時的に立て替えただけで、次回の請求日に支払わなければなりません。原則一括払いでの返済ですが、分割での返済も可能です。

2.現金を直接借りられる
キャッシング機能とは、クレジットカードで直接現金を借入できるサービスです。銀行やカードローンのキャッシュカードのように、専用のATMにクレジットカードを入れると現金を引き出せます。クレジットカード会社の立て替えではなく直接現金を借りるわけですから、その用途は自由です。買い物でも遊びでもそれ以外の生活費でも何にでも利用できます。ただし、この機能は任意ですので、申し込み時にキャッシング機能を希望しない限り、クレジットカードを持っているからといって利用できるわけではありません。